次期スイフト モデルチェンジ2015 燃費30km/L達成なるか?

スズキ、スイフトが、2015年下半期から2016年上半期の間にフルモデルチェンジされるようです。

スズキといえば、先日のアルトのフルモデルチェンジで、ハイブリッドカーのトヨタ・アクアに並ぶ37.0km/Lを達成したことが話題となっていましたね。

次期スイフトも、燃費の目標は非常に高いところに据えられているようです。

スポンサーリンク

目標値は、ズバリ30km/Lオーバー。

何故、この数値になったかというと、マツダ、デミオのディーゼルモデルが30km/Lを達成しているので、ハイブリッドカーを除く登録車No1の燃費を達成しよう。ということだそうです。

30km/Lを達成するための秘訣は、マイルドハイブリッドシステムである、S-エネチャージです。

ワゴンRでは、通常のエネチャージと、S-エネチャージの燃費の差は、2.4km/Lです。

現行スイフトの燃費は、26.0km/Lなので、26.4km/Lなので、S-エネチャージの導入により、28.8km/Lまでは引き上げられそうですね。

そこから更に1.2km/Lを、数年分の技術の進歩によって上乗せすることができれば、30km/L達成です。

軽自動車で厳しい燃費競争を戦ってきたスズキなら、達成できそうですね!

swift1

これだけ燃費の話をしておいてアレですが、このご時世、燃費を追いかけるのは当然のことかもしれませんが、スイフトは他のコンパクトカーと比べて走りに優れているというのも魅力の一つです。
ぜひ、走りの部分も犠牲にしないようにお願いしたいところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ