セレナのモデルチェンジが2016年に。ついに自動運転搭載へ。

ファミリーミニバンの定番、日産セレナが2016年夏にフルモデルチェンジされます。

新型セレナには、ついに自動運転機能が搭載されます。
注目の自動運転機能など、新型セレナの魅力を紹介しますね!

スポンサーリンク

デザイン

テスト走行と思われるスパイショットも発見されています。

serena3carscoops.com

サイドビューしか分かりませんが、窓の広がり方などが、現行と似ていますね。
キープコンセプトで行くのでしょうか。

serena4

フロントマスクは、Vモーションのデザインになると言われていますが、フロントマスクは擬装されているので分かりません。

自動運転機能

新型セレナの一番の注目点、自動運転機能について詳しくみていきましょう。

日産が開発している自動運転機能、「パイロッドドライブ」

この、初期モデルである、「パイロットドライブ1.0」搭載車を2016年中に史上に投入する。と明言しています。
その第一弾が、新型セレナというわけです。

パイロットドライブ1.0は、高速道路の単一車線上で自動運転を行う機能です。
合流や車線変更などは、手動で行う必要がありますが、家族を乗せてロングドライブをすることも多いであろう車なので、高速本線上だけでも自動で運転してくれると、とても便利ですね。

あとは、価格が気になるところです。現時点では発表されていません。

エンジン、パワートレイン、燃費など

現行と変わらず、直4、2.0LエンジンのS-ハイブリッドが搭載されます。

現行車のエンジンスペックは、

エンジン モーター
最高出力 147ps/5,600rpm 2.4ps
最大トルク 21.4kgm/4,400rpm 5.5kgm
燃費 16.0km/L

です。

新型エンジンになるわけではないですが、改良によって燃費は多少向上するでしょう。
このクラスのガソリン車としては標準的な燃費です。

ハイブリッド車に関しては、(セレナも一応S-ハイブリッドですが無視します。)レンジエクステンダー方式になるとか、エクストレイルのシステムが搭載されるとかいう情報がありますが、まだはっきりとした情報はありません。

価格

新型セレナの、自動運転を搭載していないモデルは、現行と変わらず230万円程度~でしょう。

自動運転機能搭載車は、10万円以上上がると言われてます。
スバルのアイサイトが、高速道路の単一車線上では自動運転に近い機能を持っているようなので、アイサイト(9万円)+αといったところでしょうか。

詳しい情報が入りましたら、またお伝えします。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ