新型ラクティス 2014年5月12日にモデルチェンジ。ヴィッツと同じエンジンを搭載!

トヨタ、新型ラクティスのモデルチェンジ情報です。

ラクティスは、5月12日にマイナーチェンジされ、燃費の向上、
質感の向上、新色の投入が行われます。

スポンサーリンク

以前の記事で、ヴィッツの燃費が21.8km/Lから25km/Lに
なるとお伝えしましたが、
元々、ラクティスはヴィッツをベースとした車で、
エンジンも同じものが搭載されていますから、
ヴィッツがに新型エンジンが搭載されるのと同じくして、
ラクティスにも同じ新型エンジンが搭載されることになります。

燃費は、ヴィッツよりは少し悪い程度、23~24km/Lになると予想されています。

続いて、質感の向上の面では、
シルバーメッキの追加、LEDポジションランプの採用、
ブレーキランプのデザイン変更、アルミホイールのデザイン変更、
インパネのシボの変更による質感の向上が挙げられます。

ヴィッツに比べると、元々少しは質感が高いだけあって、
ヴィッツよりは手が加えられた所が少ない印象です。

新色は、ブロンズマイカMが投入されます。
ブロンズマイカメタリックは、プリウスなどには既に存在し、
bornz

こんな色です。

その代わり、ターコイズメタリックは廃止されるようです。

廃止されるターコイズメタリック
taokoizu

トヨタのコンパクトカーのモデルチェンジラッシュは、5月12日のラクティスで
一旦終了ということになりそうです。

その前に、5月8日にはポルテのモデルチェンジも予定されていますから、
またそちらもお伝えします。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ