ホンダ「グレイス」 グレードは3タイプ!【装備の違いは?】 発売日は12月1日。

ホンダから、新型セダン、グレイスが12月1日に発売されることがアナウンスされました。

グレイスは、フィットをベースにしたハイブリッド専用セダンで、トヨタ・カローラアクシオハイブリッドが最大のライバルとなります。

スポンサーリンク

今回のグレイスは、3つのグレードに分けられます。

下から、DX、LX、EXで、全てにFFと4WDが用意されています。

grace1

それぞれのグレードの装備を紹介していきましょう。

まずは、グレイス ハイブリッドDXから。
●VSA
●ヒルスタートアシスト機能
●Hondaスマートキーシステム
●フルオート・エアコンディショナー
●リアエアコンアウトレット
●コンフォートビューパッケージ(4WD)
●ハーフシェイド・フロントウインドウ

ベースグレードでも、スマートキーやフルオートエアコン、リアエアコンなど、基本的な快適装備は揃っています。

続いて、グレイス ハイブリッドLX。
DXの装備に加えて、
●LEDヘッドライト
●クルーズコントロール
●プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー
●運転席&助手席シートヒーター(4WD)
●本革巻ステアリングホイール
●IRカット〈遮熱〉機能付ガラス(フロントウインドウ&フロントドア)
●スーパーUVカット・フロントドアガラス

クルーズコントロールやLEDヘッドライトなど、快適装備や先進装備が充実します。

最後に、グレイス ハイブリッドEX。

●あんしんパッケージ(シティブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム)
●運転席&助手席シートヒーター(FF)
●8スピーカー
●コンビシート(プライムスムース×ファブリック)
●リアアクセサリーソケット(2個)
●フォグライト
●パドルシフト
●16インチアルミホイール(FF)
●15インチアルミホイール(4WD)

安全装備や、走りに関係する部分まで標準装備になってきます。
あんしんパッケージは、他のグレードでもオプションで選択できることでしょう。

12月1日~の発売ですが、新型グレイスではリコールなど起こらないことを願うばかりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ