ホンダ FIT3 マイナーチェンジ 2015 燃費世界一へ。37.5km/L

ホンダ、フィットがマイナーチェンジされ、世界一の低燃費を実現します。

現在、ガソリン車・ハイブリッド車の低燃費世界一は、トヨタのアクアとスズキのアルトが37.0km/Lで並んでいます。

新型フィットは、37.5km/L程度を実現し、再び低燃費世界一に踊り出ます。

スポンサーリンク

ただし、世界一の低燃費を実現するのは、タンク容量が小さく重量の軽い、ベースグレードだけになるでしょうね。
他のメーカーにも言えることですが、カタログ燃費を良くするためだけのグレードを作るのは何とかしてほしいものです^^;

また、自動ブレーキ機能などを搭載した「あんしんパッケージ」が改善されます。

先日、国土交通省が発表した自動ブレーキなどの自動車事故を防ぐ装置のテスト結果によると、ホンダの車は総じて低得点に終わっています。
ホンダの山本社長が、「次回は必ず40点満点を取る」と意気込んでいるように、あんしんパッケージの精度向上に力が注がれるようです。

「ホンダセンシング」と呼ばれる新しい運転支援システムが搭載されるかもしれませんね。

デザインは、若干手直しされる程度で、多少の質感の向上などにとどまります。

fit3h

フィットのマイナーチェンジは、当初2015年中という予定でしたが、リコール問題などにより、2015年度中に変更となったようですね。
2016年4月頃までには実施される予定となっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ