新型デミオ 燃費30km/L達成はMTのみ?!CVTは26km/L程度か。

マツダから、4代目となる新型デミオが今年秋にも登場します。

既に、メーカーもティザーサイトを公開しています。
デミオ、公式ティザーサイトはこちら。

スポンサーリンク

新型デミオには、新開発のSKYACTIV-D 1.5エンジンが搭載され、30km/L超えか?と期待されていますが、ちょっと気になる情報が入ってきました。

demio7

30km/Lを達成するのは、MT車のみになるのではないかと言うことです。

公式サイトでも公開されている、スペックの情報なのですが、
同じSKYACTIV-D 1.5エンジンでありながら、
CVT車は最高出力105ps、最大トルク25.5kgmであるのに対し、
MT車は最高出力105ps、最大トルク22.4kgmと、トルクが1割以上落とされています。

これが、カタログ燃費を30km/Lに持っていくための策ではないかと言われているわけです。

CVT車の方の燃費は、26km/L程度になるのではないかと言われています。
実際の販売は、CVT車がほとんどになるでしょうから、これが事実なら、残念なニュースになりますね。

ライバルも、パワーや軽油使用なので燃料費の面で優位性はありますが、フィットハイブリッドではなくフィットやヴィッツのガソリン車と同等の燃費となります。
価格設定もこれらのガソリン車とハイブリッド車の中間の価格帯に設定してくるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ