日産、デイズ 一部改良で30km/L達成。6月26日に三菱、ekワゴンも同時に。

日産の軽トールワゴン、DAYZが6月26日に一部改良されます。

アシストバッテリーという回生ブレーキを搭載して、燃費を30km/Lに向上することを実現しました。
アシストバッテリーとは、簡単に言うとスズキのエネチャージをイメージしてもらうと分かりやすいですね。

スポンサーリンク

ここに来て、日産・三菱連合が新技術を投入してきました。
デイズの発売当初、当時としては燃費No1の29.2km/Lを達成していましたが、エネルギーのパワー不足が指摘されていました。

dayz1

実際に、ライバルのワゴンRとムーヴが52psであるのに対し、デイズ・ekワゴンは49psでした。
わずか3psとは言え、元々非力な軽自動車では、パワー不足を実感されていました。

こういったエネルギー回生システムは、加速時のエンジンの負担の軽減にもつながり、エンジンパワーを走行に集中させることができます。
これにより、パワー不足も多少は軽減されることが期待されます。

但し、カタログスペック上の最高出力が上がるわけではないので、ワゴンRの方がパワー感があるというのは変わらないと思いますが。

価格は、現在と同じで、デイズは109万円~、ekワゴンは108万円~のままです。

又、ekワゴンの方にも、マルチアラウンドモニターと呼ばれる、日産のアラウンドビューモニターと同様の装備が追加されます。(ekカスタムのみ。)

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ