2015 新型アルファード 2014年東京モーターショーで公開か?パワーアップするシステムを分析!

2015年初頭にも発売が予想されている、トヨタのアルファード
エルグランドがコケてくれたお陰もあり、
ヴェルファイアと共に、キングオブミニバンの地位を確かなものとしています。

スポンサーリンク

そんなアルファードが、フルモデルチェンジにより、
上質さ、高級感に磨きをかけます。

エクステリアは、高級車としてより存在感のあるデザインに。
インテリアも、質感の向上をメインに磨き上げてきます。

又、パワートレインも一新され、現在エスティマベースである
ハイブリッドシステムは、2.5Lのカムリのハイブリッドシステムを、
e-4WD仕様にして、登場させる見込みです。

ガソリン車の方も、アイドリングストップ機能が搭載され、
クラスNo1の低燃費を実現する見込み。
車重に対してアンダーパワーであるという声がよく聞かれた
2.4Lエンジンは、2.5Lエンジンとなり、パワーアップします。
排気量は増えるものの、先ほど述べたアイドリングストップ機能などにより、
燃費は悪化しないと思われます。(むしろ向上?)

デザインの予想画像などがいくつか出回っていますが、
最近のトヨタのデザインから考えると、フロントグリルを縦に大きく取り、
フォグランプ周りと一体化させたクラウンやノアのようなデザインになると考えられます。

新型アルファードは、2014年の東京モーターショーで発表され、
2014年末か、2015年初頭にも市販されるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ