プレマシー モデルチェンジ 2015 画像 魂動デザインを採用!

マツダから、プレマシーの新型が2016年4月頃に登場します。

次期プレマシーは、フルスカイアクティブで走りと燃費に磨きがかかります。

スポンサーリンク

現在も、プレマシーにはスカイアクティブテクノロジーが投入されていますが、開発途中であったということもあり、エンジンとミッションのみに限られています。

これが、フルモデルチェンジに際してシャシーから全てがフルスカイアクティブになります。

又、ディーゼルのSKYACTIV-D2.2エンジンも投入される予定で、エンジンラインナップは2Lのガソリンエンジンと、2.2Lのクリーンディーゼルの2本立てとなります。

価格の面では、フルスカイアクティブ化に伴って20Cのグレード(185万円)は廃止され、最低価格は200万円程度~に値上がりする見通しです。
燃費が向上するので良いのですが、走行距離の少ないユーザーにはマイナス要素になるでしょう。

デザインには、魂動デザインが採用されることは間違いなく、個人的に魂動デザインが好きなので期待しています。

cx-31

安全性能も強化され、最近のクルマでは必須とも言える自動ブレーキが搭載されます。
マツダでは、「i-ACTIVESENSE」と呼ばれていますね。

これは、
・リアビークルモニタリングシステム
・車線逸脱警報システム
・ハイビームコントロールシステム
・アダプティブフロントライティングシステム
・レーダークルーズコントロール
・スマートブレーキサポート
・スマートシティブレーキサポート
・AT誤発進抑制制御

が一体となったシステムです。

プレマシーは、日産にOEM供給されており、ラフェスタハイウェイスターとして販売されています。
今回のフルモデルチェンジに伴って、同時にラフェスタハイウェイスターの方もモデルチェンジされることになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ