新型Cクラス 日本発売は6月に。価格は大幅にアップの可能性。

メルセデス・ベンツ、新型Cクラスの日本での発売情報です。

新型Cクラスは、デトロイトモーターショーで正式に公開されましたが、
日本での発売は、どうやら6月になりそうです。

スポンサーリンク

今回の新型Cクラスは、これまでのCクラス同様、
スタイリングは新型Sクラスに通じるものが有ります。

C

サイズは大きくなって、全長4646mm×全幅1810mm×全高1442mmです。
とうとう、Cクラスでも全幅1800mmを超えてきましたね。

ホイールベースも80mm延長され、後席の足元空間が広くなりました。

投入されるモデルは、C180、C200、C220ブルーテックの3タイプで、
C180は1.6Lターボエンジン、C200は1.8Lターボエンジン、
C220ブルーテックは2.2Lディーゼルターボエンジンを搭載します。

又、遅れてハイブリッドも投入される見通しで、
既に公開されている、C300ブルーテックハイブリッドが登場します。
こちらは、2143ccの直4、ディーゼルターボエンジンにモーターを組み合わせたもので、
エンジンは、最大出力204ps、最大トルク51kgm、
モーターは、最大出力27ps、最大トルク25.2kgmを発揮します。

こちらの燃費は、欧州複合燃費で25.64km/Lを実現しているということで、
日本のJC08モード燃費で言えば、30km/L程度に相当することでしょう。

又、価格は、最も安いC180のベースグレードでも450万円程度と、
現行車に比べると値上げされることになります。
昨今の円安や、消費税増税、又、車体自体が大きくなったこともあるので、
致し方ないことでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ