新型キューブ モデルチェンジは2015年。スタイリングは初代寄りに?

日産、新型キューブのフルモデルチェンジが、2015年に計画されています。

現在のキューブは、左右非対称のリアガラスが特徴的ですが、
次期キューブは、左右対称に戻るのではないかと言われています。

スポンサーリンク

つまり、初代キューブに逆戻り?するのではないかと言うことです。

cube2
逆戻りという表現は良くなかったですね^^;
もちろん、若者向けのクルマとして、スタイリッシュなデザインに仕上げてくると思いますよ。

このクラスの車がフルモデルチェンジする時には、ハイブリッドが登場する!
というのが常ですが、残念ながら日産はハイブリッドのラインナップでは一歩遅れており、
新型キューブは、ノート同様、エコスーパーチャージャーでお茶を濁すようです。

ハイブリッドではない。となると、気になるのは価格の面で、
恐らく、現在ノートで、エコカーはトータルコストで選ぶ時代です。と言っているのと同じく、
燃費の差以上に価格を抑えて、安く出してくる事になると思います。

後は、アラウンドビューモニターなどの、日産得意の技術で、
ハイブリッドではないながらも他車との差別化を図ってくるものと思われます。

この車のライバルといえば、トヨタbBあたりになるのだろうが、
bBは不振で、キューブは新成人の欲しい車No1だから、キューブの方が有利だろう。

ただ、トヨタがbBにハイブリッドでも搭載してモデルチェンジしてくると、
またそれもどうなるか分からない。
日産は、ハイブリッド技術の早期展開が課題になってくるだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ