フリード モデルチェンジは2015年か。新開発のターボエンジン採用の可能性

ホンダ、フリードが2015年にフルモデルチェンジされるという情報が入ってきました。

フリードは、コンパクトミニバンの中では抜群の居住性を誇り、
ライバルのシエンタなどを抑え、このジャンルで最も人気なクルマとなっています。

スポンサーリンク

 

freed

そんなフリードが、フルモデルチェンジで燃費改革が行われそうです。

フリードは、現在1.5Lガソリン車と、1.5Lハイブリッド車の2本立てです。
この内、ガソリン車の方が、新開発の3気筒1.0Lターボエンジンになるのではないかと
言われています。

ダウンサイジングによる、燃費が向上と、
過給器によるパワーの両立が出来るエンジンになりそうです。

又、ハイブリッドの方は、1.5Lハイブリッドという排気量こそ変わらないものの、
現行フリードで採用されているIMAではなく、
新型フィットやヴェゼルに採用されている新しいシステムが採用され、
燃費性能が大幅に向上しそうです。
30km/Lも視野に入ってくるのではないでしょうか。

次期フリードがダウンサイジングターボ&ハイブリッドの二本立てになれば、
広い室内空間はそのままに、抜群の燃費を誇る車に生まれ変わりそうです。

ライバルのシエンタも、同じく2015年にフルモデルチェンジが予定されています。
そちらの情報は、以下の記事を御覧ください。
シエンタ モデルチェンジ 2015年 タクシー仕様も登場?

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ