スズキ ハスラークーペ 発売は延期に・・・。ハスラーの売れ行き次第では市販化も!

スズキの新しい軽自動車、「ハスラー」が12月24日に発売されることが決定した。
しかし、東京モーターショーで同時に公開されていた派生車、
「ハスラークーペ」の方は、発売が当面延期となった模様だ。

スポンサーリンク

その理由として、ベースとなる「ハスラー」自体が新型車のため、動向がわからないこと。
ハスラークーペの、「クロスオーバークーペ」というジャンルの需要が不明なことなど、
市販に踏み切るには不明確な点が様々あったということが考えられます。

ハスラー

hustler

 

ハスラークーペ

hasura-c

 

写真を見て分かるように、ハスラークーペは、ハスラーと比べて、
後席部分のルーフが少し下がっており、これをクーペスタイルと表現したかったのでしょう。

しかし、後席の室内高が低くなったことにより、
ハスラーの魅力の一つである、「積載性」が犠牲になってしまいます。
こういった所も、足踏みしてしまう理由であったのかもしれません。

しかし、クーペという車は、元々積載性など実用的な部分は多少犠牲にしても
走りを楽しみたい。といった層に向けたクルマであるので、
「ハスラー好き」が増えて来れば今後発売に踏み切る可能性はありそうです。

そのためにも、ベースとなるハスラーの売れ行きが重要ということになってきますね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ