タント モデルチェンジは2013年9月?両側スライドドアに進化!

タントのモデルチェンジがもう間もなく実施される。

新型タントは、助手席側のピラーレスは維持したまま、両側スライドドアとなる。

スポンサーリンク

両側スライドドアというのは、狭いスペースでも乗り降りしやすいというメリットもあるが、
軽自動車においては開口幅が狭くなり、チャイルドシートの操作などがしづらいという欠点があるのだが、
タントは助手席側がピラーレスなので、そちらから操作すれば問題無いだろう。

tanto

燃費も、ミライースで33.4km/Lを出した技術を応用し、向上される。
ただ、どうしてもピラーレスということで重量が重くなり、

燃費には不利に作用するため、スペーシアの29km/Lを超えられるかは微妙だ。
(もちろんダイハツの開発陣は超えるべく頑張っているのだが。)
発売時期と燃費向上の開発期間との兼ね合いになるだろう。
一応、今秋を目処に発売が計画されているということだが、開発の進み具合によっては、
遅くなる可能性もありそうだ。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ