セレナ マイナーチェンジ 12月25日に。 燃費もアップ!

日産セレナのマイナーチェンジが、2013年12月25日に実施されます。

今回のマイナーチェンジで、フロントグリルは
ヘッドライト部が上下2段に分かれ、少し存在感がアップ。
プチエルグランドのようなデザインになりました。

スポンサーリンク

又、これまで15.2km/Lであった燃費も、16.0km/Lに引き上げられる。

これまで、セレナはシンプルハイブリッドでありながら、
このクラスでは唯一のハイブリッド車であった。

ところが、来年1月にノア、ヴォクシーから本格的なハイブリッドが登場する見通しで、
正直燃費では0.8km/L上げたところでとても太刀打ちできていない。

しかも、新型ノア、ヴォクシーはガソリンモデルで16km/Lを達成しているので、
実質S-ハイブリッドの優位性は全くないと言って良いだろう。

それを補うため?に、最廉価グレードの20S以外のグレードには、
エマージェンシーブレーキや車線逸脱警報装置を標準装備とし、
安全装備で差をつけよう。といった方針が見え隠れする。

実際、トヨタは自動ブレーキ装置の開発では他社から後れを取っており、
優位性を持たせるにはこの部分が最も良いだろうと私も考える。

しかし、トヨタも2015年中には自動ブレーキシステムを
10万円以下で展開するという方針を表明しているので、
これも15年以降、随時ノアやヴォクシーにも展開されることだろう。

そうなった時に、セレナが本格的なハイブリッドで燃費で真っ向から勝負出来るようになっているのか?
注目です。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ