ステップワゴン モデルチェンジ 2014 ハイブリッドとターボで勝負?

ホンダ、ステップワゴンのモデルチェンジが、2014年に計画されている。
ステップワゴンは、日産・セレナ、トヨタ・ノア、ヴォクシーと競合するホンダの主力ミニバンだ。

スポンサーリンク

ライバルのセレナは11月にマイナーチェンジを。

更にノア・ヴォクシーは年末にもフルモデルチェンジを控えており、
消費増税を迎え、各社主力ミニバンの商品力向上に全力を上げている状況だ。

新型ステップワゴンには、ターボとハイブリッドの設定となり、
NAエンジンは設定されない可能性が高い。
若干価格が上がっても、新しい時代のミニバンであることを強調したいのだろうか。

ターボは、1.5L程度のエンジンに組み合わされる見込みだ。
ハイブリッドは、2L程度のエンジンと組み合わされる見込みで、
こちらはホンダ自慢の新開発のハイブリッドとなり、クラス最高の燃費が期待できるだろう。

デザインに関しては、基本的にはキープコンセプトとなるだろう。
ホンダ得意の低床低重心ミニバンとして、乗り降りのしやすさは維持されそうです。
又、詳しい画像が入手できたらアップしようと思います。

新型ステップワゴン、発売時期は2014年の後半になるのではないかと読まれている。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

スパム対策 *

サブコンテンツ

このページの先頭へ